ED治療薬を使う場合のデメリットについて

EDの治療はどこで受けるの?でも紹介した様に、EDの場合の治療方法として有名なのが治療薬です。
ED治療薬を使う事が最も効果が期待できる方法として推奨されています。

 

実際私も処方してもらった経験がありますし、確かに効果はありました。
ただ薬ですし当然ですが効果に対しては個人差があります。
クリニックなどでも記載がありますが、必ずしも全員に満足できるような効果があるとは限らないのです。

 

また、ED治療薬にはこれ以外にもデメリットがあります。

 

・料金が高額
・副作用が強い
・食事などに注意する
というのがED治療薬を使う場合の注意点です。

 

ED治療薬は保険適用外のため、料金が高いです。
1錠だけでも1,500円前後するものもあります。
一時的に血行を良くするので、時間がたてば効果は無くなります。

 

また飲んでみると結構副作用が強いです。
これも人によって個人差がありますが、ほてりとか頭痛が出ます。

 

食事のタイミングも注意しないといけませんし、お酒も飲みすぎはご法度です。
なので結構使う立場からすると疲れます苦笑。

 

女性とすることになったら、大体がご飯とかお酒飲んでからですしね。
摂取タイミングが難しいのも欠点の一つです。

 

即効性はあるけど、弊害も大きいというのが治療薬にはあります。
料金も高いので、個人のお財布事情もかかわってくると言えます。


このページの先頭へ戻る